home DP乾式自動皮むき機 Q&A

DP乾式自動皮むき装置 よくある質問

Q.皮むき装置【ドライマチック】とは?

乾式(DRY)方式により水を使用しない乾式タイプの皮むき装置なので、水の使用により失われていた素材本来の野菜の栄養、美味しさを生かせます。原料の投入、皮むき作業、本体からの排出まで、すべて自動に皮をむき上げます。乾式(DRY)方式により水を使用しない乾式タイプの皮むき装置なので、水の使用により失われていた素材本来の野菜の栄養、美味しさを生かせます。原料の投入、皮むき作業、本体からの排出まで、すべて自動に皮をむき上げます。

Q.【ドライマチック】の機種は?

乾式(DRY)方式により水を使用しない乾式タイプの皮むき装置なので、水の使用により失われていた素材本来の野菜の栄養、美味しさを生かせます。原料の投入、皮むき作業、本体からの排出まで、すべて自動に皮をむき上げます。

シングルタイプ:DPS  本体寸法 L:2510×W:780×H:1414mm
ダブルタイプ:DPSW(受注生産機)  本体寸法 L:2510×W:1165×H:1414mm
ミニタイプ:DP-mini(供給機付)  本体寸法 L:560.5×W:1195×H:1006mm

Q.皮むき作業時に、水は使用しますか?

水は、使用しません。

Q.水を使用しないメリットは?

作業時の汚水・排水発生がなく環境に優しい。 上下水道にかかるコスト・汚水処理にかかるコストを大幅に削減できます。

Q.むき上がりは?

表面の皮を薄くむき上げ、手むきのような仕上がりになります。むき方・仕上がり・歩留まり調整など細かな設定が可能なので、ユーザー様の希望通りのむき上がりが実現できます。

Q.歩留まりは?

皮のむき方は、自由調節可能です。歩留まりよくむき上がることにより、ゴミの削減になります。
手間やコストが掛かると廃棄・敬遠されていた原料でも無駄なくむくことで、商品として利用することが可能になります。

Q.対応可能な原料は?

じゃが芋・里芋・さつまいも・人参・大根、etc(その他原料の時は、お問合せ下さい)

Q.処理能力は?

DPSタイプ:じゃが芋男爵M玉300kg〜/h
DPSWタイプ:じゃが芋男爵M玉600kg〜/h
DP-miniタイプ:じゃが芋男爵M玉120kg〜/h

Q.材料の投入は?

新型原料供給コンベア採用により、簡単に原料の連続投入が行えます。 効率的な作業の実現により、作業者の負担を軽減できます。

Q.皮むき装置の取扱い方法は?

誰にでも簡単に、お使い頂けるシンプルな操作で作業できます。ドラムは、工具を使用せず簡単に取り外し、交換できます。皮むき作業時の誤動作を防ぐなど、作業者の安全性を確保しています。

Q.作業後の皮むき装置の清掃は?

本体は、すべてステンレス仕様なので、作業終了後の清掃は、本体丸ごと水洗いが可能です。

ティエスケイテクノ株式会社 TSK Techno corporation

〒518-0035
三重県伊賀市七本木71番地
TEL. 0595-20-9221
FAX. 0595-41-0363

get_flash_player

コンテンツの閲覧にはFlashのプラグインが必要です。プラグインをダウンロードしてご覧ください
FLASH PLAYER DOWNLOAD >>